忍者ブログ
自作小説「影絵」の原稿置き場です。 ※未熟ではありますが著作権を放棄しておりません。 著作権に関わる行為は固くお断り致します。 どうぞよろしくお願い致します。
 1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  6 |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【ある老婆から傷ついた少女への言葉】

女はみんな男にはちっとも敵いやしないんだよ。自分の身を守るったってたかが知れているねえ。
だから、わたしらは男を味方に付けなきゃあならないのさ。
大丈夫。あんたさんはまだ若い。いくらだってやり直せるさ。このしわくちゃの婆あが言うんだ、間違いないよ。あんたはまだこんなに綺麗だ。いくらでも男が寄ってくるだろうさ。本当にいい男を見つけるといい。守ってもらいな。そしてそのやっこさんとめんこい子供作るんだな。その子供を死ぬ気で守んな。子供を守るってことは、家族を守ることだ。あんたの愛する旦那を守ることだ。あんたの旦那が愛しているあんた自身を守るってことなんだよ。
今回のことは忘れちまいな。悪い夢だったのさ。狼に食われたようなもんさ。あんたは食われて、またもう一回生まれてきたんだよ。ここからやり直すのさ。大丈夫。女は思っているより強いんだ。わしを見てみな。こんな醜態晒してもまだぴんぴんして生きてるんだよ。どうだい、強いもんだろう?図太いもんだ。
そうだ、あんたさんに一つ、昔話をしてやろうかね。わしがまだめんこい頃に母親から聞いた話だよ。母親はそのまた母親から聞いたって言ってたっけねえ。
昔々、とある小さな森に囲まれた村に、それは愛らしい娘がいたんだよ。誰もに愛されて、誰より美しく育った。だがある時、娘は孕んだんだよ。嫁入り前だった。相手は誰かもわからない。その頃は酷いもんでねえ、そういう『汚れた娘』は勘当されて森に放り出されるのさ。獣の餌にでもなっちまえばいいんだって言ってね。獣同然の扱いを受けるんだよ。ああ、怖がるんじゃない。大昔の話さ。今は違う。あんたさんはなんにも汚れちゃあいない。
娘は森に放り出された。そして十数年の時が経った。誰もが娘のことを忘れていたある日、その娘は、捨てられた時と全く同じ少女の姿で、また村に戻ってきたんだ。娘は記憶を失っていた。そして娘の腹には、まるで嘘のように子供なんかもちろんいやしなかった。まるで神隠しのようだった。娘は虚ろに「神様が助けて下すった」と呟いただけ。

娘の髪には紫の花が挿してあった。村では見たことのない花だったから、後日男たちがその花を持って、森の中に入ってみたんだ。森の奥深く、男たちはようやく、それと同じ紫の大輪の花が咲き誇る場所に行き着いた。真ん中には太い立派な木があった。そしてそこに男たちは神さんを確かに見たんだよ。神さんは男の持っていた花を見て、例の娘の時間を巻き戻したのだとおっしゃったんだ。つまり、全部なかったことになってたってわけさ。娘は綺麗なまま戻ってきたんだ。以来、似たようなことがあっても、娘を森に捨てるような親はいなくなった。なぜだって?だってそりゃあ、罰当たりだろう。そんな慈悲深い神さんがいるっていうのに、とても恐ろしくて娘を捨て置くなんてできやしないねえ。
伝説だからね、本当に娘の時間が巻き戻ったのかなんてわかりゃしない。子供はどうなったのかなんて、真実は闇の中だよ。だけど娘はそれから幸せに暮らした。神様は見守って下すってる。娘は忘れちまったかもしれないけど、覚えている人間はいる。けれど娘は幸せになった。要はどう生きるかさ。お前さんだって捨てたもんじゃない。気を強く持つんだ。くじけたら、森の神さんに祈るといい。神さんはわしら女の味方なんだよ。

そうだ。間違っても死んじまおうなんて思うんじゃあない。婆あになってからでいいのさ。辛いときは神様に祈んな。わしもずっとそうしてきたさ。



序章へ

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
最新記事
(10/08)
(10/08)
(09/01)
(07/20)
(07/20)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
紺色仔扉
HP:
性別:
非公開
自己紹介:













にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村
応援よろしくお願いします。









バーコード
ブログ内検索
最古記事
(07/19)
(07/20)
(07/20)
(09/01)
(10/08)
P R
Copyright ©  An Wood Spell of the Two  All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  *Template by tsukika忍者ブログ [PR]